アイスランドで過ごす11日間の写真ワークショップ

アイスランドで過ごす11日間の写真ワークショップ
すぐに売り切れになる可能性が高い
おすすめの旅行プラン
カスタマイズ可能
24時間年中無休カスタマーサービス

説明

Details

開始場所・時間
Reykjavík, Iceland
Starting time
at 00:00
所要時間:
11 日間
Ending place
Reykjavík, Iceland
ツアーガイド言語:
English
難易度:
Easy
ツアー時期:
10月
最低年齢:
18歳

説明

錦秋のアイスランドを11日間かけて巡る写真ワークショップに参加しませんか?美しい風景をただ漫然と撮影するのではなく、プロの手ほどきを受けてカメラの腕を上げたい、という方にぴったりのプランです。別世界のようなアイスランドの自然をどうぞお楽しみください。

秋はアイスランド旅行にぴったりの季節。自然の形や光、色彩が移ろい、冬の前の最後の輝きを見せます。日照時間はかなり短くなりますが、10月にはオーロラが再び夜空を彩るようになります。

また本ツアーでは、特におすすめのロケーションは日の出・日の入りのマジックアワーに撮影できるよう、スケジュールを組んでいます。オーロラが出れば夜もベストスポットで撮影を続けられるのもポイントです。

ガイドを務めるのは受賞歴もある世界的なカメラマン2名。アイスランドの自然や地形を知り尽くした頼りになる講師です。レベルや目標に合わせて指導しますので、初心者からベテランまで、カメラ好きの方ならどなたでもご参加頂けます。

撮影地は手つかずの海岸線が魅力的アイスランド西部のスナイフェルスネス半島、人気観光ルートであるゴールデンサークル、そして世界的に有名な絶景が目白押しの南海岸エリアです。

欧州最大級の氷河、表情豊かな氷や岩石、ドラマチックな海岸、火山性のブラックサンドビーチ、轟く滝が皆様をお待ちしています。

アイスランドの大自然を満喫するカメラ漬けの11日間。お申込みは今すぐこちらから!日程を選択すると予約状況をご確認いただけます。

もっと見る

含まれるもの

プロの写真家兼ガイド(英語)が同行
乗り心地の良い車での移動
ホテルやゲストハウスでの宿泊(専用バスルーム付きの個室)
朝食、1日目と10日目のグループディナー

アクティビティ

オーロラ
写真撮影ツアー
写真ワークショップ

スケジュール

1 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 1

1 日目 - アイスランド到着日

ケプラヴィーク国際空港到着後、レイキャビク中心部のホテルへと移動します。夕方ロビーでガイドや他の参加者と合流し、レストランに向かいます。

グループで夕食をとりながら、自己紹介や旅程の説明をします。夜はレイキャビク泊です。

もっと見る
2 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 2

2 日目 - スナイフェルスネス半島(1)

早朝ホテルへお迎えに上がります。車に乗り込んだらレイキャビクから北に向かい、アイスランド西部にあるスナイフェルスネス半島(Snæfellsnes Peninsula)を目指します。

半島南部ではワイルドな海岸線を撮影します。切り立った崖や奇岩はオーロラの前景としても効果的です。またオーロラが見られなくてもアルナルスタピ(Arnarstapi)や黒壁が魅惑的なブージル(Búðir)の教会など、美しい場所がたくさんありますのでご安心ください。

次いで、ロゥンドランガル(Lóndrangar)の大岩を訪ねます。海から火山性の玄武岩が砦のように聳える様はとてもドラマチックです。

一日撮影をするだけで、この小さな半島の自然がいかにバラエティに富んでいるかがおわかりいただけるでしょう。スナイフェルスネスが「アイスランドのミニチュア版」と言われる所以です。

夜はスナイフェルスネス半島泊です。

もっと見る
3 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 3

3 日目 - スナイフェルスネス半島(2)

この日もスナイフェルスネス半島の旅を続けます。小さな港町やスナイフェルスヨークトル氷河など、前日撮影しきれなかった風景を写していきます。

半島の北に向かうと姿を現すのがこの旅のハイライトの一つ、キルキュフェットル(Kirkjufell)です。美しい円錐型の山はおとぎ話の挿絵を切り抜いたかのよう。

前景にはキルキュフェルスフォスの滝、中景・後継にはグルンダルフィヨルズル湾を収められる撮影スポットにご案内します。ここで運よくオーロラが出れば、一生ものの写真がとれること間違いなしです。

この日の夜もスナイフェルスネス半島泊です。

もっと見る
4 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 4

4 日目 - フロインフォッサル~ゴールデンサークル

この日はスナイフェルスネス半島を離れて内陸部に戻り、有名な「ゴールデンサークル」エリアを目指します。最初の撮影地はフロインフォッサル(Hraunfossar)の青い滝です。崖を幾筋もの滝が流れており、周囲の山が色づく秋は特に豪華な雰囲気です。

次いですぐ近くにあるバルナフォスの滝(Barnafoss)を撮影します。激しくほとばしる水がフロインフォッサルと対照的ですが、どちらも負けず劣らず印象的です。

その後はゴールデンサークル観光ルートにある三つの名所を訪ねます。一つ目は歴史的・地質学的に重要な場所にあるシンクヴェトリル国立公園(Þingvellir National Park)です。ここはアイスランド初の議会が開かれた場所であると同時に、二つの大陸プレートの境界でもあり、巨大な大地の割れ目を見ることができます。

シンクヴェトリル撮影後は車でグトルフォスの滝(Gullfoss)へ。豪快な滝はもちろん、周囲の風景も美しく、きめ細かな水煙が写真に質感を与えてくれます。複数ある展望台から撮影に挑みます。

ゴールデンサイクル三カ所目の撮影スポットはゲイシール地熱地帯(Geysir)です。特にストロックル間欠泉は10分に一回ほどの頻度で熱湯を空高く噴き上げているので、辛抱強くシャッターチャンスを狙っていれば帰国後に自慢できる一枚が撮れるでしょう。

夜はゲイシール近くの宿に宿泊します。

もっと見る
5 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 5

5 日目 - ヴィーク

ツアー5日目は南に向かい、アイスランドでも特に景観が美しいと言われる南海岸エリアを目指します。はっとするようなブラックサンド・ビーチ、自然の造形とは思えない不可思議な岩、壮麗な滝などの絶景を見ることができます。

まずは優美なセリャラントスフォスの滝(Seljalandsfoss)へ。背後にある岩あなからも撮影を楽しめる浦見の滝です。近くにもう一つ、スコゥガフォス(Skógafoss)という滝もあります。

付近にはアイスランドでも指折りの美しい海岸線が広がっています。レイニスドランガル(Reynisdrangar)の海食柱やディルホゥラエイ(Dyrholaey)の天然の岩のアーチ、息をのむほど美しいブラックサンド・ビーチなどをご紹介します。

夜はヴィーク(Vik)に宿泊します。

もっと見る
6 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 6

6 日目 - ヴァトナヨークトル国立公園(1)

6日目からは非常にアイスランドらしい「火と氷」の世界が広がるヴァトナヨークトル国立公園を回ります。本当にたくさんの見どころがあるため、当ツアーではこのエリアの撮影にたっぷり3日間確保してあります。

火山や氷河、氷河湖が有名なヴァトナヨークトル国立公園(Vatnajökull National Park)。欧州最大の氷河ヴァトナヨークトルに、アイスランドの最高峰クヴァンナダルスフニュークル(Hvannadalshnjúkur)を擁するスケールの大きな国立公園です。壮大な景観が広がる、自然の大劇場と言ってもいいでしょう。

夜は氷河湖近くの宿に宿泊します。

もっと見る
7 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 7

7 日目 - ヴァトナヨークトル国立公園(2)

想像してみてください。漆黒の砂浜に打ち上げられた小さな氷の彫刻が朝日を浴びてきらきらと輝き始めるさまを。ヴァトナヨークトル国立公園が多くの写真家を魅了してやまない秘密はどうやら、奇跡的な自然条件の中で展開する、めくるめく光、色、そして質感にありそうです。

ツアー7日目はその心髄ともいえる、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jökulsarlon Glacier Lagoon)を撮影します。欧州最大の氷帽から巨大な氷山が融け落ち、湖を通って音もなく海に向かって流れていくのを見ることができます。

そして火山性の黒い砂が印象的なダイヤモンド・ビーチへ。浜に打ち上げられる、水晶のように透き通った氷を撮影します。この絶景スポットでオーロラが見られたらカメラ人生の思い出に残る、感動的な一日になることでしょう。

この日の夜も氷河湖近くの宿に宿泊します。

もっと見る
8 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 8

8 日目 - ヴァトナヨークトル国立公園(3)

広大な国立公園にはまだまだ名所が眠っています。ヴァトナヨークトル3日目は参加者の希望、その日の天気や光の具合に応じてガイドがスケジュールを組み立てます。

世界でもヴァトナヨークトルほど多彩な自然景観が楽しめる場所は少ないでしょう。皆様にその魅力を最大限お伝えできるよう、地元の地理に明るい写真家ガイドが最適な撮影スポットにご案内します。

その後は更に東に向かい、ストックスネス・ビーチを訪ねます。ここではヴェストラホルン山(Vestrahorn)と浜に砕ける大西洋の大波を撮影します。ここの風景も光のカーテンがよく似合うので、オーロラが出たらしめたものです。

撮影終了後は再びヨークルスアゥルロゥン氷河湖近くの宿に戻ります。

もっと見る
9 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 9

9 日目 - ヴィーク

撮影ツアー9日目は踵を返し、再びヴィークを目指します。行きにご紹介しきれなかった撮影スポットに停車しながら西進します。山や氷河、苔むした溶岩台地や野生のアイスランド馬など、参加者の希望を容れつつ時間・天気によってガイドがスケジュールを組み立てます。

もっと見る
10 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 10

10 日目 - ワークショップ最終日

この日がカメラ・ワークショップの最終日です。日の出撮影のロケーションはレイニスフィヤラのブラックサンド・ビーチです。遠景はレイニスドランガルの海食柱がおすすめです。

首都レイキャビクを目指しながら、解散まで写真を撮り続けます。ガイドの知識や経験を存分にご活用ください。

もっと見る
11 日目
11 Day Iceland in Autumn Photography Workshop - day 11

11 日目 - アイスランド出国日

ホテルで最後の朝食をとり、たくさんの写真と思い出を胸に、ケプラヴィーク国際空港にお向かいください。

もっと見る

備考

・Iceland Photo Toursはアイスランド観光協会公認の旅行代理店・ツアーオペレーター会社です。参加人数最大12人までの少人数制のツアーを催行しております。

・ご参加いただいた方には受賞歴もあるプロの風景写真家が編集したビデオをプレゼント(1500米ドル相当)。

・現地での移動には乗り心地が良く車内空間が広い車種を手配。

・宿泊施設にもこだわり、宿は選び抜いた良質のホテルのみを利用しています。

・当社のフォトグラフィーツアーや写真ワークショップのガイドは、受賞歴のある風景写真家です。

・必要最低限の荷物でご参加いただけるよう、追加料金なしでアイゼンやゴム長靴をご用意しています。

・当社のガイドは皆教え上手でフレンドリーです。ツアー中は撮影テクニックやポストプロセスについてわかりやすく丁寧に解説します。

・皆様がアイスランドで最高の写真を撮れるよう、ガイドが精一杯サポートさせていただきます!

免責事項

万が一に備えて、お客様ご自身で医療費も補償される海外旅行保険に加入されることをおすすめします。日本の健康保険や医療保険は海外での怪我や病気は補償対象外となる場合がほとんどですのでご注意ください。 また、アイスランドの天気は非常に変わりやすく、ツアーが天候条件によって変更又はキャンセルとなる場合があります。アイスケーブ探検については、天候その他の条件が揃ったときにのみ催行いたします。また、オーロラは9月から4月の間が最も見やすい時期ですが、ご参加頂いた日に必ず見られるわけではないのであらかじめご了承ください。

日付・ガイド

2020年9月2日~12日  ガイド:TBA 2020年10月2日~12日 ガイド:TBA

サービス利用規約

体験者の声

類似ツアー